2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 田園地帯の植物① | トップページ | シュスランの花 »

2020年9月10日 (木)

田園地帯の植物②

今日は、再生畑の草刈りと畝作りをしてダイコンの種を蒔いて来ました。夕方は、萌の散歩道の草刈りも一部だけして来ました。草刈り機のエンジンが回っているとアブがやって来て、止めると何処かへ行ってしまいます。萌の散歩道では、エンジンが回っている時、一度に2匹が腕に集りました。偶然かもしれませんが、先日も同じ事がありました。刺したアブは、平手打ちで仕留めました。

公園入口の、農業用調整池にはヒシが繁茂していました。この場所には、2009年頃ホテイアオイが異常繁茂していて、ダンプで片づけているのを見た事があります。

木道脇にゴキヅルが沢山見られました。コバノカモメヅルと共に。数年前から個体数が増えているように思います。数年の間に、公園の植生はかなり変わったと個人的には思っています。

こちらが、コバノカモメヅルです。かなり前から咲いていると思いますが、まだまだ花盛りの個体もあります。1本の蔓にどれくらいの花が咲くのでしょう?そういえば、再生畑に生育するコカモメヅルもまだ咲いていました。特殊な構造の花なので、花数は凄いですが受粉率は低いようです。

蔓性の植物が続いたので、ついでにガガイモも掲載します。この花は紅紫ですが、近くに白花の個体もあったと思います。初めてこの植物と出会ったのは山間地だったため、「山に咲く花」の部類だと思っていました。ところが、田園地帯を歩いていると、時々見る事があり認識を新たにしました。

これから用事がありますので、今日はこれくらいで・・。

« 田園地帯の植物① | トップページ | シュスランの花 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 田園地帯の植物① | トップページ | シュスランの花 »