2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 渓谷沿いのキノコ | トップページ | アマチャヅルとスズメウリの花 »

2020年9月21日 (月)

ヒガンバナ

お彼岸とその後の法要の準備など、慌ただしい日々です。お彼岸に咲く事から和名がつけられたヒガンバナ・・再生畑の入り口にも咲いていました。

このすぐ傍に、良く似たキツネノカミソリが生育しています。キツネノカミソリの果実が膨らんだ頃、ヒガンバナの花が咲き始めます。

幼い頃は、ヒガンバナをお墓に供えた記憶があります。そのため、庭で栽培するのを嫌う風潮がありました。また、直ぐに折れるので「歯っかけ」などとも呼んでいました。

日本のヒガンバナは、中国から入って来た3倍体なので、種子が出来ないそうです。確かに、果実を観察すると種子の無いものが殆どですが、稀に種子の入っている果実も見る事があります。ただ、発芽能力があるのかは分かりません。

こちらは、父親が植えた園芸種です。淡いクリーム系で、薄っすらと紅が入ります。

身近に咲く季節の花を愛でるのも、良いものです。

« 渓谷沿いのキノコ | トップページ | アマチャヅルとスズメウリの花 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 渓谷沿いのキノコ | トップページ | アマチャヅルとスズメウリの花 »