2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 着生ランの果実 | トップページ | ヒトツボクロ »

2020年9月16日 (水)

ヌマダイコン属

ヌマダイコン属を初めて見たのは、県中部の川沿いでした。その後、富士市でも何ヶ所かで見る事が出来ました。

少し日照の悪いところ(半日蔭)で見る事の多い植物ですが、下の写真のように比較的日当りの良い場所でも生育します。草勢が良く、あっという間に大株になります。

花を接写してみました。舌状花のように見える白い扁平な棒状のものは、花柱だそうです。筒状花の中から2本ずつ出ています。フジバカマ属の花と似ています。

この植物をヌマダイコンと思っていましたが、ヌマダイコンとオカダイコンを別変種として分けたそうです。下記にYlist標準学名を記載します。両者を比較して見た事が無く、区別が良く分かりませんので、ヌマダイコン属としました。中国名では、ヌマダイコンが下田菊で、オカダイコンは寬葉下田菊となっております。オカダイコンの方が葉幅が広いようです。また、葉の鋸歯もオカダイコンの方が多いなどの違いがあるそうですが、一番確実なのは、オカダイコンの痩果の表面が平滑なのに対して、ヌマダイコンは疣状(いぼじょう)という違いがあるそうですので、後日確認したいと思います。

キク科ヌマダイコン属ヌマダイコン(Adenostemma lavenia (L.) Kuntze)。

キク科ヌマダイコン属オカダイコン(Adenostemma latifolium D.Don)。

« 着生ランの果実 | トップページ | ヒトツボクロ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 着生ランの果実 | トップページ | ヒトツボクロ »