2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 判明した植物 | トップページ | 猛暑の中のキノコ »

2020年8月10日 (月)

猛暑の中のカエンタケ

本当に暑い!帽子を被っていても、長時間屋外にいるとふらついて来ます。家族に迷惑をかけるので、年寄りは無理をしない事ですね。

萌の散歩道で、またカエンタケを見付けました。今年は、彼方此方で見かけます。

Aimg_0096

カシノナガキクイムシに食害されたコナラの根元を撮っていると、カエンタケが出ていました。

この木では、初めて見ました。🄬

Aimg_0095-2

こちらは、以前掲載したコナラの根元です。炎のようなカエンタケの子実体は、褐色に変色していました。そして、新たに別の子実体が姿を現していました。

人の手が触れただけでも炎症を起こすそうです。カタツムリやナメクジなんかはどうなるだろう?マウスを乗せると変色してしなびた子実体に変わります。🄬

aimg_0074k aimg_0078

知らなければ、触ってしまったかもしれません。クワガタやカブトムシを捕りに行って見かけても触らないように!

※解説文の末尾に🄬の表示された写真は、ロールオーバー効果を使っています。それ以外は、左クリックで元サイズの写真を表示します。サムネイル画像やOnmouseの画像がよりボケて見えるのはどうしてだろう?

本日、カウンターが、95万アクセスを越しました。このブログの更新停止予定まで、後5万アクセスです。年内ギリギリか、来年1月くらいだろうか?一日一記事・・もう少し頑張ろう!

« 判明した植物 | トップページ | 猛暑の中のキノコ »

茸と菌糸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 判明した植物 | トップページ | 猛暑の中のキノコ »