2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« ツチアケビ | トップページ | 猛暑の中の再生畑②その1 »

2020年8月16日 (日)

希少植物保護好適地

今日の暑さも半端ではありませんでした。午前中にお願いや打ち合わせなどがあって、富士山こどもの国へ行って来ました。打ち合わせでここを訪れたのは、本日が二度目です。

Aimg_0742

初回は、地域で自生が確認された希少植物の苗の受け入れのお願いでした。その時、植栽エリアを見させてもらい、湿原、草原、広葉樹林、針葉樹林などが揃っている事を知りました。個人的に、地域で絶滅が危惧されていると思われる植物の多くを、この場所の標高に近いところで確認しています。

本日の打ち合わせのメインは、この湿地に移植予定の植物の事でした。前回訪問で、ここなら育つだろうと思い、現在準備をしています。また、数年前に田園地帯で出会ったある植物が移植されており、環境が合うようで結構繁殖していました。

地域では、少なくなってしまったススキヶ原や・・。

常緑・落葉広葉樹林もあり、針葉樹林もあります。保護したい希少種の駆け込み寺として、最適な場所だと思います。しかも、ここには植物達を見守るだけでなく、最適な環境を探るために様々な試みをしてくれている人がいます。

aimg002 aimg003

そして、こんな図鑑のある事を知りました。中を見て驚きました。素人植物図鑑作成のために、隣の市まで撮影に出かけた希少種も掲載されています。正直、もっと普通に見られる植物ばかりが、掲載されていると思っていました。

自分の思いを実現させてくれそうな場所が、二つになりました。

« ツチアケビ | トップページ | 猛暑の中の再生畑②その1 »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

ロココさん、お早うございます。
昨日も、暑さで倒れそうなくらいでした。
富士山こどもの国は、静岡県が設置しました。
現在は、富士サファリパークを運営している指定管理者が委託を受けています。
園名から、あまり縁のない場所だと思っていましたが、希少植物を残す場所としていろいろな環境が整っていると思います。

図鑑は、こどもの国に生育している800種以上(樹木を含め)の植物の内、草本の150種を掲載しています。
訪問した時に買って送る事は出来ますが、園内の植物だけですので地域外の人が買うにはもったいない感じがします。値段は、370円だったと思います。
静岡県には、他に杉野孝雄先生著「静岡の植物図鑑」上・下(草本、木本、シダ植物)があります。
こちらは、少し値段の高いのが難点です。
(本体3,800円+税)×2になり、絶滅危惧種などの希少植物は含まれておりません。

こんばんは、暑い日が続きますね~。
日本の夏はもうエアコン無しでは生活できないようになりましたねぇ・・・。

富士市には素晴らしい施設があるんですねぇ、羨ましいです。
さらに植物図鑑、それは市販している本ですか?
もしそうなら、ぜひ欲しい!のですが・・・入手方法を教えて下さい。
お手数ですが、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツチアケビ | トップページ | 猛暑の中の再生畑②その1 »