2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« サワトラノオの栄養繁殖 | トップページ | ボウランの花とボウフウランの蕾 »

2020年8月 3日 (月)

トサノクロムヨウラン

今日も暑かった!夢を見られる場所へ行った後、放置状態だった再生畑①に行って、草刈りをして来ました。野菜作りなどは、面積があり農業用水栓もある再生畑②に移行しています。他の二つの畑は草刈りと耕運機かけだけしていますが、野菜がないと足が遠のき、行く度唖然としています。

トサノクロムヨウランの全開の花を撮りたくて、先日の午前中に行って来ました。昨年までは、唇弁の紫色が分かる程度で、萼片や側花弁を指で広げてやりたいくらいでした。

沢山の蕾をつけていました。エンシュウムヨウランやウスキムヨウランのように、果実が上を向かず横を向くのも特徴の一つです。個体数はあるけど、咲いていない・・。曇っているからだろうか?

全開の花がありました!

一番上ほどではありませんが、こちらも開いていました。見る角度で、違った感じを受けます。

日本のランハンドブックには、「花の寿命は短く、午前中に開花して午後は閉じる。同時に開花するのは一つの花序あたり1~2個。」とあります。

唇弁を接写してみました。先端の紫色と蕊柱の薄紫色が、薄暗い林床に咲くこの花に、神秘的なイメージを与えてくれています。

ラン科ムヨウラン属トサノクロムヨウラン(Lecanorchis nigricans Honda var. patipetala Y.Sawa)。

« サワトラノオの栄養繁殖 | トップページ | ボウランの花とボウフウランの蕾 »

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サワトラノオの栄養繁殖 | トップページ | ボウランの花とボウフウランの蕾 »