2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 一年が経過したサワトラノオ | トップページ | コキンバイザサの花期 »

2020年7月27日 (月)

クモランの花とコウホネの果実

雨続きで、畑の草が伸び放題になっているので、午前中だけ行って来ました。今日も雨予報だったのに、このまま凌げるかなと思っていたら、昼頃になって降り始めました。

【クモランの花】

八重枝垂桜に着生しているクモランに、花が咲いていました。毎年、花をちゃんと撮ろうと思っていても、チャンスを逃してばかりです。日本のランハンドブックによれば、「花は一日で萎れる」とあります。白っぽく見える花は、子房が膨らんでいるので、咲き終わったものだと思います。

とても小さな上にやや下向きに咲くので、これがやっと・・。デジタルズームしたら、ボケてしまいました。画面から少し離れて見てください。

【コウホネの果実】

このコウホネは、ホームセンターの園芸コーナーで買って来たものです。5年以上は経過していると思いますが、今年の6月15日に初花が咲きました。咲いたのは一輪だけでしたが、これを見ると結実しているようです。ミズアオイやヒツジグサなどと同じく、花茎が倒れ果実を水に沈めようとします。

そういえば、今年はまだミズアオイの姿が見えません。昨年、二本の花序に花が咲きました。果実は、そのまま沈んでいます。攪乱依存植物との事なので、水中で休眠しているのかもしれません。

« 一年が経過したサワトラノオ | トップページ | コキンバイザサの花期 »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一年が経過したサワトラノオ | トップページ | コキンバイザサの花期 »