2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 家の周りで見た変形菌 | トップページ | 雨の合間に行った再生畑② »

2020年7月13日 (月)

ホドイモの花

午前中、再生畑の草取りなどに行って来ました。案の定、唖然とするくらい繁茂していました。

師匠から頂いたホドイモの花を撮ってみました。

各々の花茎に、沢山の蕾がついています。

面白い花です。対称構造ではなく捻くれ構造ですね。黄色い花をつけるヤブツルアズキに似た感じです。もっと開花が進んでから、花の構造を観察してみようと思っています。

薄緑と紅色の取り合わせは、珍しいですね。イモの名がつきますがマメ科です。別名をホド、中国名を土圞兒 (九子羊)というそうです。九子羊・・沢山の花をつける事から名付けられたのでしょうか?

マメ科ホドイモ属ホドイモ(Apios fortunei Maxim.)。

« 家の周りで見た変形菌 | トップページ | 雨の合間に行った再生畑② »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

ホドさん、今晩は。

中国名を調べると、なるほどと思えるようなものがいろいろあって面白いです。
野生ランなんか、和名よりもずっと的を射たものがあります。

実生一年で花が咲きましたか。
山野の植物探索も楽しいですが、初めての植物の実生栽培もいろいろ学べて楽しいです。
イモはとても栄養があって美味しいので、嫁さんに先に食べさせてやると言ってあります。

発色良いですねホドの花
なるほどね 羊ね 知らなかったです。

そう言えばヤギの頬の下にぶら下がっている
二つのポヤポヤに良く似てますね形が。

豆から発芽したものに花芽が付きました。
やっぱりマメ科ですね、一年で花咲くとはです。
恐らく初めての実験で夢がありますね、面白いです。
植物の育種は正に以心伝心ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家の周りで見た変形菌 | トップページ | 雨の合間に行った再生畑② »