2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ユキノシタの花とサワトラノオの変わった花 | トップページ | 山間地に生きる水生植物 »

2020年5月12日 (火)

ムラサキカタバミとベニカタバミ

依頼されていた作業は、一応終わりました。自分で答え(結果)の分からない作業は、とても気苦労です。作業の内容?それは秘密です。

家の庭に、カタバミの仲間が繁殖しています。似た感じで、大きな花をつける二種類を比べてみました。

【ムラサキカタバミ】

少しだけ生えていた頃は、優しい感じで綺麗な花だと思っていました。ところが、いくら抜いてもどんどん広がって行きます。

ムラサキカタバミの葉です。表面には短毛があり、裏面には伏せ毛があります。この写真では分かり難いかもしれませんが、葉裏の縁に橙色の細点が並んでいます。

【ベニカタバミ】

前庭に繁殖しています。派手な色彩でしょ?除去しても、次から次へと増えて来るので、ついに根負けしてしまいました。嫁さんに言わせると「綺麗だから良いじゃない」だそうです。

ベニカタバミの葉です。ムラサキカタバミよりずっと毛深い印象を受けます。最初は、イモカタバミかと思ったのですが、花色が濃い事、葉が小さい事、葉の先端部の切れ込みが浅い事などから、ベニカタバミだと思います。

ムラサキカタバミとベニカタバミの花を接写してみました。冒頭に「似た感じ」と書きましたが、見比べるとかなり違いますね。植物観察を始めたばかりの頃は、ちょっと似ているとどれも同じように見えました。

« ユキノシタの花とサワトラノオの変わった花 | トップページ | 山間地に生きる水生植物 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ユキノシタの花とサワトラノオの変わった花 | トップページ | 山間地に生きる水生植物 »