2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ハンゲ属 | トップページ | 金銀蜉蝣蘭 »

2020年5月 4日 (月)

エビネ

午前中、もっと降るかと思っていたのですが、雨樋の貯水タンクがいっぱいになるまでには至りませんでした。

地域に生育するエビネの無事を、確認に行って来ました。最近、復活傾向にあるのは嬉しい事です。でも、持ち去る輩がゼロになった訳ではありません。

aimg_6451 aimg_6453a

暗いレンズの上に夕方だったので、二枚目以降はストロボ発光で撮ってみました。

aimg_6462 aimg_6461

aimg_6474 aimg_6477

こちらも無事でした。上の花に比べて、側花弁や萼片が褐紫色を帯びています。

aimg_6516 aimg_6519

今日、確認したところはどれも無事でした。私は、エビネのように人工増殖技術が確立された山野草の栽培を否定はしませんが、山野の植物を無断採取したりせず、園芸店で買って堂々と栽培すれば良いと思います。

花を接写してみました。萼片や側花弁、そして唇弁の色にも変異があります。以前、地域から少し離れた場所で、唇弁が黄白色の個体を見た事があります。どうも、それもエビネの形態変異だったようです。

最後に・・。

こちらは、サルメンエビネです。地域在住のお二人の先生から、かつてこの植物が生育していた場所を伺いました。指令を受けて、周辺を探索していますが、いまだ出会えずにいます。でも、どこかでひっそりと生き続けているのではないかと思って、今後も探索を続けるつもりです。

今迄、サルメンエビネの花をちゃんと見た事はありませんでしたが、エビネと違って距がありません。地域で生育の確認されているナツエビネにも、距がありません。同属なのに、面白いですね。

« ハンゲ属 | トップページ | 金銀蜉蝣蘭 »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

アユム様、今晩は。

いろんな事に、挑戦されてこられたようですね。
私も石鎚山を横目で見て、何時か登りたいと思いました。
いろいろな野生ランが生育していると聞きました。

私の幼い頃は、近くの山林に摘んで帰るくらい沢山のエビネが咲いていました。
地域の家の庭にも、普通に見られるくらいでした。
ブームになり、未開花株まで採取されて、殆ど姿を消してしまいましたが、最近復活しつつあるように思います。
シカの食害の話も聞きますが、私が知る範囲ではシカに食べられたところは見た事がありません。
このまま、彼方此方で見られるようになってほしいと願っています。


こんにちは

エビネ蘭 良いですね。一昔も前のことですがエビネに
こりに凝って市売のサルメンと交配をしてイシヅチ系を作
りました。石鎚山に登りかった腹癒せにです(笑)。

思い出すと懐かしいです。ある時、深山の杉林で大発見
しました。エビネ蘭の群落です。軸や花形が微妙に違って
いて我を忘れました。深々の杉林にも生えるですね~。
恐らく元々はエビネは杉林から広まったのでしょうね。
今は昔のことですがです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンゲ属 | トップページ | 金銀蜉蝣蘭 »