2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ヤマルリソウとフデリンドウ | トップページ | 再生畑① »

2020年4月 6日 (月)

再生畑②

今日も、再生畑②の草取りをしました。また、オスのキジが茂みから出て来て、五月蠅く鳴いていました。やっぱり私を餌場荒らしと思っているようです。

これはタイアザミ(トネアザミ)です。幾株か生えていたので、2~3株だけ残してあります。かなりな大株で、沢山の花をつけます。

白い花をつけているのはハツカダイコンです。収穫時を逃してそのまま置くと、こんなに大きくなります。マウスを乗せると、二年もののキャベツの花になります。ゴボウなんかもそうですが、多年草の野菜をそのまま置くと、普段見る事の無い姿が観察出来て面白いです。

エンドウマメも花盛りです。例年は、2本ずつ植えていたのを、今回は1本ずつにしてみました。そしたら、鳥に突かれて間引きしたような感じになってしまいました。次は、2本ずつに戻そう・・。

ところで・・。

Aimg_4300

これは、師匠から頂いた「ホドイモ」の塊茎です。北海道から九州まで分布するとありますが、私は初めて見ました。塊茎を食用にするそうですので、増やして食べてみようと思います。青森などで栽培されているようですが、そちらはアメリカホド(Apios americana Medik.)だそうです。

この植物はマメ科で、地上部には豆果が生るそうです。ヤブマメのように、地上部に豆果をつけ、地中の閉鎖花で1種子の豆果をつけるものもあります。マメ科植物にも面白い奴がいますね。

マメ科ホドイモ属ホドイモ(Apios fortunei Maxim.)。

« ヤマルリソウとフデリンドウ | トップページ | 再生畑① »

植物観察」カテゴリの記事

果樹野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマルリソウとフデリンドウ | トップページ | 再生畑① »