2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 愛鷹のスルガテンナンショウ | トップページ | ムサシアブミ »

2020年4月23日 (木)

シロバナハンショウヅル

二日続けて草刈りをしました。結構疲れました。

再生畑①の入り口に、シロバナハンショウヅルが生えています。落下した種子で親蔓の下に2~3本の子が生えていて、それらにも初花が咲きました。

シロバナの名がつきますが、純白ではなく遠目には目立ちません。

図鑑には、「淡黄色の花をつける」とありますが、蕾の時や咲き始めは緑色が強く、初めて見た時はシロバナハンショウヅルと思えませんでした。

コンデジで接写してみました。マウスを乗せると咲き始めの花に変わります。緑白色といった感じでしょ?ニリンソウなどのキンポウゲ科がそうであるように、この花も花弁状の萼片があり、花弁はありません。

透かして撮ってみました。同じ花でも、ちょっと見方を変えると、違った趣があって良いものです。

キンポウゲ科センニンソウ属シロバナハンショウヅル(Clematis williamsii A.Gray)。

昨年、別の場所でも見付けて、地域では3ヶ所の生育を確認しています。林縁に生育するために刈り取られてしまうのか、個体数は少ないように思います。掲載した場所は親戚の山林なので、伐採しないように強く言ってあります。

« 愛鷹のスルガテンナンショウ | トップページ | ムサシアブミ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛鷹のスルガテンナンショウ | トップページ | ムサシアブミ »