2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 遠州の植物観察 | トップページ | 地域の落葉広葉樹林(木本) »

2020年3月22日 (日)

ヒメフタバラン

地域で二ヶ所生育を確認しているヒメフタバランですが、生育範囲は狭く個体数も限られています。人工林が更新される前にあった群落の、生き残りかもしれません。他地域では、群生する場所があると聞いて探索して来ました。

凡そこの辺りだろうと目星をつけて探索すると、直ぐに見つかりました。周辺を見まわすと、数えきれないほどの大群落でした。凄い!

木漏れ日を浴びていたヒメフタバランです。主脈に斑の入った個体もありました。ヒメフタバランは、形態変異の多い野生ランのようです。

斑入り葉と細長い葉を撮ってみました。品種として、フイリヒメフタバランとナガバヒメフタバランの名がつけられているようです。

bp3180128 bp3180123

緑花の個体です。亜高山帯に生育するミヤマフタバランやコフタバランにも、紫褐色の花をつけるものと、緑色の花をつけるものが見受けられます。この花は少し紫褐色を感じますが、品種のミドリヒメフタバランに近いと思います。

bp3180098 bp3180120

ここのヒメフタバランは、地域で見るものより全体的に花数が多く、花茎も長いように思います。

ヒメフタバランは、有性(実生)繁殖だけでなく根茎が伸びて栄養繁殖もします。地域のものは、似た形態ばかりでしたから、殆どが栄養繁殖したものかもしれません。

« 遠州の植物観察 | トップページ | 地域の落葉広葉樹林(木本) »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠州の植物観察 | トップページ | 地域の落葉広葉樹林(木本) »