2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« エビネとサイハイラン | トップページ | 落葉広葉樹林で出会った花 »

2020年3月 6日 (金)

ヒメフタバラン

この野生ランに、初めて出会ったのは、数年前の5月連休でした。その場所は、スギ林でした。そして今度は、常緑広葉樹林で出会いました。

あるものを探して、落ち葉をかき分けると・・。

探していたものが、デリケートなものでなかったら、欠きとっていたかもしれません。マウスを乗せた葉を見ても、直ぐにそれとは気付きませんでした。この場所に生えているなんて、思いもしませんでしたから・・。

上の写真のすぐ隣に、蕾をつけた個体がありました。この姿には見覚えがあります。「あっ、ヒメフタバランだ!」堆積した落ち葉が多かったので、傷つけないようにこの場所での探し物を止めにしました。探し物?それは秘密です。

以降に、最初に出会った林内のヒメフタバランを掲載します。

野生ランセンサーを構築していなければ、発見するのは難しいとても小さな植物です。

花の接写です。萼片と側花弁は、後方に反り返っています。

日本のランハンドブックには、「常緑広葉樹林やモミ林の林床に生育」とあります。常緑広葉樹林に生育する事が確認出来ました。ただ、この場所も個体数は少ないようです。もしかしたら、環境が変わる前の生き残りかも?

« エビネとサイハイラン | トップページ | 落葉広葉樹林で出会った花 »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

久様、お早うございます。
シュンランも咲き始めていました。
ヒメフタバランの方が、少しだけ遅いと思っていました。
今年は、いろいろな花が早めです。

ヒメフタバラン、早いですね。春一番は、シュンランとどっこいどっこいというところですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エビネとサイハイラン | トップページ | 落葉広葉樹林で出会った花 »