2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 再生畑②の植物観察 | トップページ | ハルリンドウ »

2020年3月17日 (火)

バクチノキ

菩提寺へ、付け届けに行って来ました。今日の記事は、菩提寺にあるバクチノキを掲載します。

aimg_2822 aimg_2826

独特の樹形が目を惹きます。北側から見ると、中が空洞で二つに分かれ、辛うじて上部で繋がっています。寺の古い資料には、別名のビラン樹で掲載されており、樹齢は最低でも130年以上と考えられているそうです。

昔はもっとずっと高く、吉原駅からも見えたそうですが、落雷のために上部が折れ二つに割れてしまったと、偶然居合わせた庭師さんに教えてもらいました。

樹皮が剥離し、赤っぽい幹が露になる様を、バクチで有り金をすって丸裸になる事を例え、和名がつけられました。葉の縁には鋭い鋸歯があります。

バラ科バクチノキ属バクチノキ(Laurocerasus zippeliana (Miq.) Browicz)。別名:ビランジュ、ウラゲバクチノキを含む。

« 再生畑②の植物観察 | トップページ | ハルリンドウ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再生畑②の植物観察 | トップページ | ハルリンドウ »