2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« ヒメフタバラン | トップページ | 地域の落葉広葉樹林(草本) »

2020年3月23日 (月)

地域の落葉広葉樹林(木本)

用事があって、地域の落葉広葉樹林に行って来ました。数年前は、行く回数も多かったのですが、最近は目的がある時しか行かなくなってしまいました。

木本の花を集めてみました。

この季節に地域で見られる花の代表は、何と言ってもこのマメザクラ(フジザクラ)です。マメザクラは、フォッサマグナ要素の代表的な樹木です。マウスを乗せると、同時期に咲くモミジイチゴに変わります。

アケビの花も咲き始めていました。この蔓は雄花ばかりのようでした。マウスを乗せるとクロモジの花に変わります。この小さな花も、黄金色に輝いて綺麗でした。

こちらは、キブシの花です。用事を優先したので花を接写しませんでしたが、これは雌花(または両性花)だと思います。雄木に比べて雌木の花序はこのように短いからです。

最後に、木本ではありませんが・・。

aimg_3326 aimg_3333

昨年、あちこち探し回ったツチアケビの果実です。こんな所に、あったとは・・。熟す前に、枯れてしまったようにも見えます。

右は、シュンランの果実です。個体数の割に、果実を見るのは稀です。この鞘の中に納まっていた種子の数はどれくらいだろう?万単位かも?

久々の方が、新鮮な気持ちで探索出来て良いかもしれません。

« ヒメフタバラン | トップページ | 地域の落葉広葉樹林(草本) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒメフタバラン | トップページ | 地域の落葉広葉樹林(草本) »