2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 地域の落葉広葉樹林(草本) | トップページ | 果樹畑に咲く花 »

2020年3月25日 (水)

趣味の果樹畑

放置状態だった「趣味の果樹畑」にも、春がやって来ました。

毎年生りますが、殆ど食べた事の無いグミです。今年も沢山の蕾がついていました。

こちらも似た感じですが、ロシアンオリーブという商品名がついていました。グミ科グミ属ホソバグミまたはヤナギバグミというそうです。

ロウヤガキ(老鴉柿)です。面積のある再生畑に移植しようと思っていたのですが、少し遅すぎました。これは、熟した果実の種を数個撒いたもので、私の背丈を超すほどになりました。花は咲きますが、果実が生りません。

同じくカキノキ科カキノキ属のカキノキは、雌雄同株ですが、こちらは雌雄異株なのだろうか?Web上には、雄の花が多いか雌の花が多いかで、雌雄異株ではないと書かれたものもあります。Ylistで検索すると、標準和名はツクバネガキである事も知りました。ツクバネガキは雌雄異株で、「雌木だけでも果実はつくが、熟す前に落ちてしまう事が多い」とあります。開花したら、花を確認したいと思います。全部雄木だったら最悪ですね。

ブルーベリーも、沢山の蕾がついていました。いっぺんに熟さないので、採るのが大変です。来園者に収穫してもらうブルーベリー園は、農家にとって良いアイデアだと思います。

何を撮ったか分からないような写真ですが、数えきれないほどの花をつけたユスラウメです。吉行あぐりさんの実話エッセイ、「梅桃(ゆすらうめ)が実るとき」をモチーフにしたNHKのドラマ「あぐり」を思い出します。歳が分かりますね。

« 地域の落葉広葉樹林(草本) | トップページ | 果樹畑に咲く花 »

果樹野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域の落葉広葉樹林(草本) | トップページ | 果樹畑に咲く花 »