2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 浮島ヶ原自然公園のサワトラノオ① | トップページ | 蘭展① »

2020年2月16日 (日)

浮島ヶ原自然公園のサワトラノオ②

今度は、木道脇から手を伸ばしてコンデジで撮ってみました。

密集した株の間に、昨年発芽したと思われる小さな苗が顔を覗かせています。これらの多くは、日照不足で枯れてしまうと思います。葉が赤っぽくなっていますが、マウスを乗せると更に赤い葉に切り替わります。実験場のものは、この地よりも高度300mほど高いところで栽培しています。だからもっと、赤くなるかと思っていました。でも、両者のように赤味を帯びておりません。低地でも、吹き晒す風によって変色しやすいのかもしれません。

形手持ちで、昨年発芽したと思われる小苗を撮ってみました。実験結果から、もっと株間を離して移植すれば成長も早まると思います。

こちらは、晩秋に発芽したものではないかと思います。実験場では、11月頃に双葉をつけた個体が確認出来ました。

まだ開花に至っておりませんが、昨年6月末から始めた実生栽培実験と、埼玉市の川小学校さんからの情報提供により、いろいろな事が分かって来ました。

移植や種子散布などの人の手を加えれば、現状よりサワトラノオの個体数を増やす事は容易だと思います。でも、急激に個体数が減少したりしない限り、この地の管理法は殆ど変わる事は無いでしょう。個人的には、ここの環境が最適なわけではなく、何とか生き続けられる環境が残っていると考えています。宣伝効果のある保護区は、行政や関連団体によりいろいろな思惑があり、その在り方も地域によって様々です。

« 浮島ヶ原自然公園のサワトラノオ① | トップページ | 蘭展① »

浮島ヶ原自然公園」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浮島ヶ原自然公園のサワトラノオ① | トップページ | 蘭展① »