2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ミスミソウ | トップページ | 三日市浅間神社と妙法寺(毘沙門天) »

2020年2月 3日 (月)

浅間神社のマツバラン

家族の厄払いに付き合った時、時間つぶしに境内に生えるマツバランを撮ってみました。

マツバランは、県指定の天然記念物「大楠」に着生しています。なぜか、周辺のクスノキには見当たりませんでした。

大楠の推定樹齢は1,200年とあります。平安時代の初め頃から生き続けて来たのでしょうか?マツのような樹皮が、長い歴史を物語っています。

このマツの葉のような植物が、マツバランです。今迄、何ヶ所かで見て来ましたが、こんな大株にはめったにお目にかかれません。

マツバランは、ラン科植物ではなくシダの仲間です。

この植物には、葉や根がありません。露出している緑色の部分は茎です。また、露出していない部分は褐色で、こちらも根ではなく茎(地下茎)になります。褐色の部分の茎は仮根(毛状の突起)を密生していて、その周りには菌類が共生しているそうです。ラン科植物のようですね。

最初の陸上植物は、このマツバランと似た形態をしていたと、ある植物園に掲示されていました。でも、遺伝子解析によると、ハナヤスリなどのように進化したシダ植物に近いそうです。それなのに、どうして太古の植物の姿をしているのでしょう?クモランのように、樹上を主な住処とするためでしょうか?

« ミスミソウ | トップページ | 三日市浅間神社と妙法寺(毘沙門天) »

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミスミソウ | トップページ | 三日市浅間神社と妙法寺(毘沙門天) »