2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 登呂遺跡 | トップページ | 落葉広葉樹林で出会った野生ラン »

2020年1月20日 (月)

登呂遺跡の樹木

登呂遺跡で見た常緑広葉樹を集めてみました。樹木も良く分かりません。シイやカシなどは特に苦手・・。

スダジイの葉です。初夏に花が咲き、翌年の秋にドングリが熟します。随分のんびりな植物ですね。

樹幹と枝を撮ってみました。この手の樹種は、行儀の悪い枝が多いようです。

こちらは、ウラジロガシです。葉裏を撮って見たけど、汚れていてあまり白っぽくありませんでした。槍の柄として使われたそうですが、素直な枝を探すのは難しそう・・。

次はシラカシです。当初は、樹皮が白いのかと思っていました。ところが樹皮は黒っぽく、白いのは中身(材木)です。実は、この材で作った武道具の杖を持っています。当時は「アカガシ」に対して「シロガシ」と呼んでいました。両方が繋がったのは、植物観察を始めてからです。

こちらは、アラカシのようです。殻斗ばかりかと思ったら、ドングリも少し残っていました。

そして、マテバシイです。本来の自生地は西の方で、潮害や公害に強い樹種だそうです。ドングリが、美味しい事だけよく覚えています。

最後は、備長炭の原料になるウバメガシです。若い葉の方が、鋸歯が目立つようです。

登場したのは、全部ブナ科でした。

« 登呂遺跡 | トップページ | 落葉広葉樹林で出会った野生ラン »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 登呂遺跡 | トップページ | 落葉広葉樹林で出会った野生ラン »