2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« タイトゴメの仲間 | トップページ | クモランには葉がある? »

2020年1月28日 (火)

アセビ

萌の早朝散歩は、風雨の中いつも通り出掛けました。萌が我が家にやって来てから、散歩を休んだのは2日間くらいだったと思います。それ以降、嫁さんと交代で全天候休みなしです。

例年に比べて暖かい日が続き、アセビの蕾も膨らんで来ました。蕾は秋に出現して、冬を越します。

このアセビ、同じ木の蕾です。そのままが日陰側、マウスを乗せて日当りの良い道路側です。前記事のタイトゴメもそうですが、日当りの良い方が赤くなるようです。

上の木には、白い花が咲きます。

次は、淡紅色の花をつけるアセビです。山野で見るアセビは、上のような白花ですから、園芸用に作出されたものだと思います。

膨らんだ蕾を撮ってみました。綺麗でしょ?

アセビは有毒植物なので、シカの食害に遭う事が無く、場所によっては大きな群落を形成します。以前迷い込んで、脱出するのに苦労しました。希少植物を、アセビやバイケイソウで囲ったらどうだろう?なんて考えた事があります。

「葉を煎じて、農業用の殺虫剤として使った」とありますが、野菜には怖くて使えません。

« タイトゴメの仲間 | トップページ | クモランには葉がある? »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイトゴメの仲間 | トップページ | クモランには葉がある? »