2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 冬に咲く花 | トップページ | 登呂遺跡 »

2020年1月18日 (土)

サワトラノオ実生栽培観察記(1月)

今日は、はぼ一日雨でした。明日、義母に柚子大根を作ってもらうつもりで、小雨降る中ダイコンと柚子を採りに行って来ました。高齢ですが、まだまだいろいろな事をやる気持ちがあるので助かります。無理しないでもやれる事は、出来るだけ頼むようにしています。

久々に、サワトラノオの様子を掲載します。onmouseで、別画像も見てください。

小さな葉と大きな葉の株を並べて写しました。普通は、小さな葉の方の成長が遅れているように見えると思います。

実は、小さな葉の方が早く大きくなった(成長の早い)株です。大きかった葉の後に、この小さな葉が出て来ました。先端が丸みを帯びた小さな葉は、葉柄が立たず横に寝たようになっています。冬支度をしたロゼットなのです。

成長につれて、脇から新たな芽(茎)が出て来ます。花期に見る株立ちしたサワトラノオは、数株が寄り添っているのではなく、多くは親株から複数本の茎が伸びた姿だと思います。掘った事が無いので、現時点では想像です。

こちらは、昨年の9月19日に、左官のプラ舟ビオトープに沈めたサワトラノオです。4ヶ月間、水中生活をして来ました。サワトラノオは、沈下性を持つと言って良いと思います。カワヂシャと同様に、水辺に育つ植物は沈下性を持つものが多いのかもしれませんね。

実生栽培の先輩である埼玉市の川小学校の実験では、更に興味深い事が分かって来たそうです。報告書がまとまったら、また時期を見て紹介したいと思います。

« 冬に咲く花 | トップページ | 登呂遺跡 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬に咲く花 | トップページ | 登呂遺跡 »