2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 雨の日のコケ① | トップページ | 着生ランの根 »

2020年1月24日 (金)

雨の日のコケ②

続きです。

裏庭の鉢植えに侵入したコケの朔です。鉢の表面は、いろいろなコケで覆われています。

こちらは、これから膨らむ未熟な朔でしょうか?

隣の石垣に生えていたのは、スナゴケの仲間だと思います。スナゴケもいろいろな種類があるようですね。ミニ化粧鉢に植えると、シンプルな盆景が出来ます。ハイゴケやスナゴケなど、日当りの良い場所に生える苔は、鉢植えにしても長生きしますが、他のコケは長生きさせるのが難しいです。

スギゴケとスナゴケの仲間が混在して生えていました。スギゴケの仲間は、除草剤を散布した土地に生えて来る事があります。裏の赤道は、シキミ屋が頻繁に除草剤を散布したため、歩き難いくらい生えています。

次は、裏庭の鉢に繁茂しているハイゴケです。我が家の庭では、一番多く見られるコケです。接写してみると案外綺麗です。

他にもいろいろ撮りましたが、掲載はここまでにします。Wikipediaによると、日本には約1,800種のコケ植物が生育しており、内200種くらいが絶滅の危機に瀕しているとあります。種子植物でも調べるのが大変なのに、似たようなものばかりのコケの種類や個体数なんか、どういうふうに調査したのでしょう?

« 雨の日のコケ① | トップページ | 着生ランの根 »

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の日のコケ① | トップページ | 着生ランの根 »