2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 冬芽や蕾② | トップページ | サワトラノオ実生栽培観察記(1月) »

2020年1月17日 (金)

冬に咲く花

面倒なものは、早くやってしまった方が良い!という事で、今日もPC作業を行いました。合間に作っている、「地域で自生が確認された野生ラン図鑑」は、67種まで出来ました。

【生態形態】の解説を記載している時に、専門家の方のご苦労の一端が分かりました。素人なので、いろいろな図鑑を参考に記載していますが、各々表現法に個性があり、違った捉え方をしてしまうような記述も、幾つか見受けられました。文章で表現するのは、難しいです。

ap1171236 ap1171237

タツナミソウの仲間が咲いていました。この手の花は、見る角度で表情が変わって面白いです。

タツナミソウの仲間は、いろいろあって良く分かりません。萌の散歩道で咲くのはオカタツナミソウですが、これは石垣に咲いていました。園芸用に植えられたものだと思います。花を見るとタツナミソウみたいですが、葉を見るとコバノタツナミのようです。後者かな?

こちらは不明の植物としてアップしたところ、フユアオイと教えて頂きました。まだまだ花盛りです。

そして、山間の地でも、ついにウメの一番花が咲きました!昨年の秋に、ちゃんと蕾を確認しながら剪定したので、続いて咲いてくれると思います。

« 冬芽や蕾② | トップページ | サワトラノオ実生栽培観察記(1月) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬芽や蕾② | トップページ | サワトラノオ実生栽培観察記(1月) »