2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 落葉広葉樹林で出会った野生ラン | トップページ | 雨の日のコケ① »

2020年1月22日 (水)

二年目のキャベツ

以前にも少し登場しましたが、虫に食べられ収穫出来なかったキャベツを、そのまま植えてあります。

一年目に比べて、葉は小さく、茎が伸びて来ます。もちろん無農薬ですが、虫に食べられた穴が殆どありませんので、きっと美味しくないのだと思います。

また、葉はあまり丸くなりません(結球し難いようです)。

葉に変異がありました。面白いですね。

こちらにも・・。どうしてこんなのが出来たのでしょう?

キャベツの仲間は変異が多く、いろいろな品種の野菜があります。二年目の姿は、原種帰りに近いのかもしれません。ところで、一年草でない事は確かですが、二年草?それとも多年草?確かめるために、このまま栽培してみようと思います。

目の保養に、花キャベツを掲載します。キャベツの仲間ですから、食べられない事も無いと思いますが、きっと美味しくないと思います。だって、一番上のキャベツと同じように、あまり虫に食べられないから・・。

野菜だって、探求心を持って見れば結構面白いです。

« 落葉広葉樹林で出会った野生ラン | トップページ | 雨の日のコケ① »

果樹野菜」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、今晩は。
今迄は、一度収穫すると引き抜いていました。
こちらのものは、完全無農薬に挑戦したのですが、途中で挫折して放置してありました。
ずっと生き残っているので、まだそのままにしてあります。
そうそう、挿木が出来るようですね。
それには驚きました。
身近な野菜でも、知らない事がまだまだたくさんあります。

こんばんは。
キャベツは1株から3個ぐらい収穫できて有り難い野菜です。
もっとも (肥料が足りないのか)サイズは小さくなりますが^^;;
近所の奥さんに 「キャベツは脇芽を挿しても 増やせるよ」と、教えて貰いましたが
手抜き大好きな私は 株を残して脇芽を育てて収穫。
 ガーデニング仲間にも「キャベツを収穫する時は、株を残してね」と、言っています^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 落葉広葉樹林で出会った野生ラン | トップページ | 雨の日のコケ① »