2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 義母の家の花(一月) | トップページ | カヤラン »

2020年1月 6日 (月)

サイハイラン

久々に、屋外で肉体労働をして来ました。昨年末から、ほろ酔いとPC作業ばかりで、胴囲が危険な値になっていました。汗をかき、良い運動になりました。

昨年末、ある目的があって市内の雑木林へ行って来ました。そこで、まとまって生えているサイハイランを見付けました。以前、少し離れた場所でかなりな個体数を見る事が出来たのですが、樹木の伐採によって、あっという間に姿を消してしまいました。

歩道脇から少し入って、人目を避けるような場所でした。onmouseで、苔生す溶岩の上に生える実生苗に切り替わります。

通常は、無地の暗緑色の葉をつけますが、疎らな黄色の散斑(ちりふ)の入った個体も時々見かけます。

通常は一枚葉ですが、稀に二枚葉を見る事もあります。

これから下は、左クリックで拡大画像が表示されます。

s139 s149

この花姿から、和名が付けられました。萼片や側花弁が、赤味を帯びた花を見る事もあります。稀に、淡い緑色の花もあるそうですが、まだ出会った事はありません。

A1578300223

蕾と花の様子。花は下垂して半開きなので、下から覗かないと唇弁が見えません。唇弁は赤褐色で、基部にかけて蕊柱を包んでいます。

A1578300946

シュンランなどに比べて、果実を見る事が多く受粉率は高いようです。いろいろな虫が訪花しますが、送粉者はトラマルハナバチだそうです。

A1578301406

偽球茎が露出している事もあります。東北出身の先輩の話では、これを焼いて食べると美味しいそうです。花後に葉が枯れ、夏に休眠して、秋に新しい葉を出します。

葉幅や花の形は違いますが、亜高山帯の針葉樹林に生育するコハクランに似ていると思います。①地下に偽球茎を持つ。②花後に葉の更新がある。③基本的に一枚葉だが、稀に二枚葉のものもある。④果実のつき方や形が似ていて、先端に蕊柱が残る。・・など。開花株が、翌年も花をつけるのか確認したいと思っています。

« 義母の家の花(一月) | トップページ | カヤラン »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

雪ん子さん、今晩は。
花色は個体変異があって、稀に赤味がかったものも見られます。
実物を見た事はありませんが、サイハイランの仲間で、赤紫色の綺麗な花をつけるモイワランという種類があるそうです。
実生苗には、数珠のような根茎があって、ちょっと変わった生態をしている野生ランです。
葉を持っていますが、共生菌への依存度が高いようで、身近で見る割に気難しい植物のようです。


こんばんは♪

妙高でもたくさん見られるサイハイラン、実家所有の山にいくらでも生えているランです。
数年前に庭に植えて、どんな花が咲くか楽しみにしていました。
(実は子供の頃からよく見ていたランなんですが、花を見たことは無かったんです
花の時期には他の草の影で見えなかったんだと思います)
そして・・・茶色っぽい、お世辞にもきれいな花では無くて・・・ガッカリ)
2年くらい前、笹ヶ峰高原を歩いた時に丁度花の時期で、ピンク色の美しい花が見られました。
とても同じはなとは思えないほどきれいでした。
標高(寒暖差)によって花色が違ってくる?のでしょうかね、それとも個体差なのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 義母の家の花(一月) | トップページ | カヤラン »