2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 大浜海岸 | トップページ | 図鑑 »

2019年12月11日 (水)

サワトラノオ実生栽培記(12月中旬)

用事があって、下界に降りたついでに浮島ヶ原自然公園を覗いて来ました。今日の写真は、すべてロールオーバー効果を使っています。マウスを乗せて、別の写真を見てください。スマホは、写真上でタップ、元に戻るには写真外でタップします。

サワトラノオが多く生えるエリアでは、ヨシ(※)などの刈り取りが終っていました。刈った草はこのままだろうか?

木道脇の、開花株があった辺りを覗くと・・。栽培場の、実生一年に満たない株に比べて、ずっと小さいものばかりです。

実は、この辺りが来年確認したいところです。開花株は、果実が熟すと地上部が枯れます。そして新しい芽が出て来ると思います(以前、花茎の下についていた根っこを水に浸けて置いたら、芽が出て来ましたので・・。)。それが、この小さな個体なのかもしれません。もちろん、今年の実生苗もあると思いますが・・。

こちらは更に小さな葉ばかりです。このサイズからすると、今年の実生苗かも知れない・・。ヨシのお陰で日当たりが悪く、実験場に比べて発芽がかなり遅れたためと思われます。

次は、実験場のサワトラノオの様子です。

こちらは、一番最初に実生床からプランターに移植した株です。大きかった葉は枯れ、晩秋に出てきた葉は、このように小さなものです。葉柄もターサイのように横に寝ています。冬越しの準備だと思います。

遅れて移植した株です。まだ大きい葉が多く、葉柄も立ち上がっています。上と比較するとずっと大きいので、こちらの方が先輩株のように見えます。

この二つの株は、葉の形が違います。成長の違いだろうか?葉にも個性があるようです。写真にマウスを乗せると、9月19日に左官のプラ舟ビオトープに沈めたサワトラノオに切り替わります。三か月近く水中生活をしています。プランター植えのものに比べるとずっと小さいですが、生き続けている事がとても興味深いです。

※私は、今まで「アシ」と言っていましたが、Ylist標準和名は「ヨシ」なので、今後それに倣います。

« 大浜海岸 | トップページ | 図鑑 »

浮島ヶ原自然公園」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大浜海岸 | トップページ | 図鑑 »