2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 雨の一日 | トップページ | 海浜植物(大浜海岸) »

2019年11月29日 (金)

気になっていた野生ラン

気になっていたヒトツボクロの葉色の確認に行って来ました。

ap9170277 apa080194

10月頃見た時の葉です。緑色ではなく、暗紫色を帯びていました。

apb290763 apb290773

比較のために、欠損した葉と穴あきの葉を撮ってみました。私は、時々見かけた暗紫色の葉を、変異だと思いカラス葉と呼んでいました。ところが、初秋に葉の更新があり、新たに出現した葉はみんな暗紫色で、時間の経過と共に緑色になる事が分かりました。

apb290779 apb290780

左は果実が生っていました。左上に伸びる果茎が分かりますか?葉裏を見ると、どれもまだ緑色でした。紅紫色になるのは、何時頃からだろう?

Ap6051375_20191129180701

通常は、このような紅紫色です。

Apb290776

果実も残っていました。種子飛散はもう少し先になるのかな?

aokin-2 aokin-1

こちらはキンランの葉で、11月中旬と下旬に撮りました。実はこれも気になっていました。萌の散歩道で見るキンランは、とっくに地上部が枯れています。この違いは、共生菌への依存度の差でしょうか?この場所は共生菌が少なく、少しでも長く光合成をするためにギリギリまで地上部が枯れずに残っているとか・・。

aok-2 ap7020481_20191129182601

左の果実は何だろう?コクランの果実かと思ったのですが、常緑であるはずの葉が見当たりません。右がコクランの果実です。明らかに違いますね。クモキリソウやジガバチソウも頭に浮かんだのですが、記憶している果実と違う感じがします。また、結実率の良さから、自動自家受粉するように思えます。もしかしたら、ギボウシラン?

今日は、笹刈とエンドウ豆を植え付けました。久々の笹刈の後に、畝作りとマルチングシートを敷き、エンドウマメの植え付けをやったので、とても疲れました。

« 雨の一日 | トップページ | 海浜植物(大浜海岸) »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の一日 | トップページ | 海浜植物(大浜海岸) »