2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 地域に生えるイチヨウラン | トップページ | 畑のアザミ »

2019年11月 6日 (水)

キッコウハグマ

キッコウハグマは、比較的出会う事の容易な植物です。ところが、場所によっては閉鎖花ばかりで、開放花が殆ど見られない事もあります。この日は、開放花を見る事が出来ましたので、撮ってみました。

aimg_7981 aimg_7979

花茎の長いものは、閉鎖花ばかりで、短いものに開放花が見られました。この場所では、稀に花茎の長いものに開放花が見られる場合は、下の方に1~2個咲く程度でした。

apb051443 apb051412

老眼で近視なのでピンボケばかり・・。全てが開放花のものは、あまり見当たりませんでした。あっても、一茎に1~3個程度でした。

Apb051384

殆どの花は終盤を迎えていましたが、この花はまだ新しいようです。赤褐色の部分は、合着したオシベです。

apb051428 apb051418

頭花は、3個(稀に4個)の小花が集まっていて、花冠は深く5裂します。ところが、右の花は幅広の裂片があり、ちょっと変則なタイプですね。

apb051397 apb051398

こちらの花は、柱頭の先端が2裂して反り返っています。三段目の花は雄花期で、こちらが雌花期・・雄性先熟ですね。

実は、萌の散歩道の林にキッコウハグマが生えています。昨年・今年と何度も様子見してみましたが、開放花が一つも見られませんでした。この場所よりも、多少日照は悪いのですが、花茎は立派で沢山の蕾がついていました。少し明るい場所に移植すれば、開放花をつけるようになるのだろうか?或いは、栄養状態が良く大株に育つか、ある程度の歳月を経ると閉鎖花ばかりになるのだろうか?キッコウハグマに、聞いてみたいものです

※本日、Windowsを更新して以降、次のような不具合が発生しました。写真をクリックして拡大した場合、写真以外の所を再クリックすれば、元画面に戻るはずですが、最上段に移動してしまいます。以前も同じような事があり、原因が分からないままいつの間にか直りました。もしそうなったら、ご不便をおかけしますが、拡大写真の右上✖印をクリックしてくだされば、元画面に戻ります。

« 地域に生えるイチヨウラン | トップページ | 畑のアザミ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域に生えるイチヨウラン | トップページ | 畑のアザミ »