2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« センブリとコキンバイザサ | トップページ | 三番目のズキンランの花 »

2019年11月20日 (水)

今週出会ったキノコ

「最近出会ったキノコ」に続いて、今週出会ったキノコを集めてみました。維管束植物の形態観察も面白いけど、キノコの観察も面白いです。

apb200470 apb200471

気になっていた、ダイダイガサに変化がありました。ご覧のように、柄が伸びて来ました。このまま無事成長して、傘の開くのが楽しみです。それにしても、ここまでになるのにかなり長い時間がかかりました。

apb180365 apb180368

不法投棄監視パトロールで出会ったキノコです。名前は分かりません。

aimg_8467 apb200467

不法投棄物の写真を撮っていたら、嗅いだ事のある臭いがして来ました。辺りを見回すと、スッポンタケが生えていました。右は、裏庭植物園に姿を現した物体です。スッポンタケの幼菌でしょうか?

apb180400 apb180404

スギとヒノキの林に生えていました。柄の色や毛が、スギエダタケに似ているけど傘の感じが違います。また、いつも見るスギエダタケより、傘が大きく感じました。これは何でしょう?

Apb180405

柄に生える毛を接写してみました。柄は丸くなく、平たいような感じでした。

Apa170053

こちらは、以前撮ったスギエダタケです。食用になるそうですが、上のキノコくらい大きいと良いのですが・・。

apb180397 apb180399

枯れたヒノキの根っこに生えていたと思います。この手のキノコは、図鑑をみても良く分かりません。

昨日・今日と、嫁さんが留守なので、洗濯や風呂掃除などこまごました作業がいろいろあって、とても大変でした。嫁さんは、年数回先輩の友人と家族を捨てて旅に出ます。家事、パート、母親の様子見の事などもあり、たまには息抜きしないと続かないだろうと、つくづく思いました。

« センブリとコキンバイザサ | トップページ | 三番目のズキンランの花 »

茸と菌糸」カテゴリの記事

コメント

フジタケさん、今晩は!
何時も有難うございます。
ニガクリタケでしたか・・。
広葉樹ばかりと思っていたら、針葉樹にも出るんですね。
スギエダタケ・・確かに傘の上から見ると、灰色がかっていました。
また宜しくお願い致します。

こんばんはフジタケです。

ダイダイガサ大きくなってきましたね。この時期に出ているのは暖かい日が続いているからですね。

2番目は毒菌のニガクリタケがやや乾燥気味になっているように見えます。まだ若い菌でヒダの色は淡黄色ですが老成すると黒紫褐色になります。針葉樹に広葉樹ともに出ます。

3番目はスッポンタケですね。

4番目は何れもスギエダタケと思われます。老成して乾き気味になるとくすんだ色になってきます。

最後のきのこは分かりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« センブリとコキンバイザサ | トップページ | 三番目のズキンランの花 »