2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 三番目のズキンランの花 | トップページ | 義母の家の花 »

2019年11月22日 (金)

果樹・野菜畑

今日は、ほぼ一日雨降りで、寒い一日でした。こんな日でも、萌の散歩は欠かせません。辛い・・。

再生畑に時間を取られ、放置状態だった果樹・野菜畑は、忘れた頃に草刈りや耕運機で耕しに行きます。植え放しでも果実の生る木もあります。

apb200458 apb200417

こちらは、入口に植えてあるスイフヨウの子かと思たら、一重の花でした。八重咲のスイフヨウが、一重に戻ってしまったのだろうか?どちらにしても、邪魔だから移植する予定です。

Apb200455

父親が植えてあったゴボウの子孫です。放置しておいたら、落下した種子が発芽して代を繋げています。多年草だそうですが、親株はあまり長生きしないように思います。

ap7071154 1499419166

以前撮った写真です。花が咲くまで植えて置く人は、あまりいないと思います。アザミのような花でしょ?

apb200425 apb200422

左は、オリーブのような葉で、グミに似た果実が生ります。ロシアンオリーブと呼ばれていますが、グミ科グミ属でホソバグミやヤナギバグミの別名もあるそうです。別名の方が分かり易いですね。渋くて、あまり美味しくありませんでした。

右は、ヤマモモに似た果実が生ります。これは、ストロベリーツリーまたはイチゴノキと呼ばれています。ツツジ科で、ドウダンツツジのような花をつけます。食用になるそうですが、ヤマモモのように美味しくありませんでした。

apb200436 apb200430

最後に、キウイフルーツと収穫時期を過ぎたシークワーサーです。キウイは蔓が伸び、手が付けられないような状態になっていました。沖縄に育つシークワーサーも、山間の地で育ちます。南国産の柑橘類の中では、寒さに強い品種のようです。

« 三番目のズキンランの花 | トップページ | 義母の家の花 »

果樹野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三番目のズキンランの花 | トップページ | 義母の家の花 »