2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« タマネギ植付 | トップページ | 最近出会ったキノコ »

2019年11月14日 (木)

ヒイラギの花

何年か植物観察のブログ記事を書いていると、毎年同じような内容になってしまいます。新たに出会ったもの以外は、自分の気になる植物ばかり取り上げるからです。今年もまた柊の花を撮ってみました。

apb120101 apb120102

蕾を発見!ヒイラギは雌雄異株です。開き始めの花弁から柱頭が姿を現していますので、雌株のようです。

Apb120112

花柱(メシベ)が長く発達している両性花ですから、この木は雌株ですね。

Apb120096

こちらは、2本のオシベが発達していてメシベは退化しているので、雄株です。

ヒイラギの花期は、11~12月で、果実は翌年の6~7月に暗紫色に熟します。ところで、クリスマスの飾りなどに使われるヒイラギの果実は、赤色ですね。赤く熟すのは、モチノキ科のセイヨウヒイラギ、シナヒイラギ、アメリカヒイラギなどで、11~12月頃熟します。ヒイラギはモクセイ科ですから、クリスマスで飾られるのは別種という事になります。紛らわしいですね。

Aimg_8042

ついでに、しっかり「待て」をしている萌です。餌を待つ時は、ちゃんと言う事を聞きます。今朝の散歩で、立派な角を持った2頭の雄鹿に出会いました。雄だけ連れ立っているのは珍しいと思います。萌は、飼い主の言う事を聞かず戦闘モードに入って大変でした。

« タマネギ植付 | トップページ | 最近出会ったキノコ »

植物観察」カテゴリの記事

甲斐犬録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タマネギ植付 | トップページ | 最近出会ったキノコ »