2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ゲンノショウコの果実 | トップページ | カヤの巨木 »

2019年11月10日 (日)

ダイモンジソウ花の変異

少し遅くなってしまいましたが、栽培棚のダイモンジソウを撮ってみました。父親が岩につけて、庭の彼方此方に置いてありましたので、みんな鉢植えにして栽培棚にまとめました。当初は、栽培法も分からず、枯れたものが幾つかありました。種を採り実生発芽させたところ、無事育って鉢数も増えました。

ad2 ad3

ダイモンジソウは、花弁の形が「大」の文字に似ている事から和名が付けられました。ところが、花弁の数や形に変異の多い植物です。この花は、淡紅色ですが標準形に近い花形です。ただ、右の花は花弁に少し切れ込みがあります。

ad4 ad6

こちらはもう少し濃い紅色のタイプです。右は、ホームセンターのディスカウントコーナーで手に入れた唯一の花です。

adb1 adb2

少し幅広の花弁を持つタイプです。白系の花には、葯の色がアクセントになって綺麗ですね。

adh1 adh2

こちらも面白いでしょ?左は花弁の先端が丸みを帯びています。中には花弁の長さの同じものも見受けられます。

adg1 adg2

花弁に緑色を帯びたタイプで、これも父親が育てていた花の子孫です。

adpa290457 adpa290466

最後に、実生発芽させた中からこんな花が出現しました。観賞価値は低いですが、面白い花でしょ?昨今では、山野に咲くダイモンジソウとは別種のような変化花が、次々と作出されています。

山野の植物を採取しないで、園芸店で買って実生でオリジナルの花を咲かせましょう。

« ゲンノショウコの果実 | トップページ | カヤの巨木 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
色変わりなんて珍しいですね。
ダイモンジソウは、渓谷の岩肌や巨木の幹に着生しています。
富士山では花期が早く、もうかなり前に花が終わりました。
下界の栽培棚の方が、ずっと遅く咲きます。
早い冬の訪れ前に、果実を実らせるよう進化しているのだと思います。
棚に並べておくと、勝手に交雑して面白い花が咲くので、楽しみです。

こんばんは。
最後の画像の花 変わっているけどなかなか素敵な花ですね!
ホームセンターで 一つの株に色が2種類咲いているのがありました。
ダイモンジソウは、私も大好きな花ですが 中でも一重の花を贔屓にしています^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゲンノショウコの果実 | トップページ | カヤの巨木 »