2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ホトトギス | トップページ | いろいろな種子 »

2019年10月16日 (水)

スギ林に生えるアキザキヤツシロラン

萌の散歩道で、クロヤツシロランの花を見た時から、アキザキヤツシロランの事がずっと気になっていました。あれから10日以上経ちます。「もう、花は無理かもしれない。しかも猛烈な台風の後だし・・。」そう思いながらも、竹林より標高の高いスギ林の自生地を覗いてみました。

apa160678 apa160681

予想通り、スギの葉が沢山落ちていました。堆積した葉をそっと退かすと、まだ蕾や花の咲いているアキザキヤツシロランが残っていました。

apa160687 apa160685

こちらにも・・。アキザキヤツシロランを、同じ場所で時期をずらして観察した事は殆どありませんが、クロヤツシロランの場合は、同じ場所で半月以上遅れて咲く個体もありました。

apa160692 apa160656kk

撮っていた時は気付きませんでしたが、右の花には虫が写っています。ヤツシロラン類のポリネーターとして、ショウジョウバエが確認されていますが、この日は出会えませんでした。ところで、この虫は何でしょう?

apa160669 apa160673

大半は子房が膨らみ、果柄が伸び始めていました。茶色い部分が花茎で、白っぽい部分が果柄(花柄)です。花後に果柄が伸び、果実が熟すと果皮が裂開して塵のような種子を飛ばします。

apa160699 apa160696

このスギ林には、クロヤツシロランも生えています。アキザキヤツシロランと似た果実ですが、色が違いますね。

一般的に、アキザキヤツシロランは竹林に生えます。ところがこの場所は、スギ林の上にクロヤツシロランよりも個体数が多く確認出来ました。クロヤツシロランも竹林で見る事はありますが、スギ林に生えるアキザキヤツシロランはかなり稀だと思います。

« ホトトギス | トップページ | いろいろな種子 »

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

あきさん、今晩は。
個体数の多い竹林に行くつもりだったのですが、もう遅いかと思いこの場所へ行ってみました。
スギ林の落ち葉の中でも、アキザキの方が背が高く見つけやすいと思います。
クロは、地面にへばりつくような感じで咲きます。
こちらの実験容器では、菌糸はかなり繁殖していますが、大きな塊茎がスカスカになってしまいました。
違う菌糸が繁殖したのかな・・。
開花の写真、楽しみにしております。

こんにちは
アキザキヤツシロランのご報告待ってました
例年だと月始め頃でしたよね。気候不順で季節感不明です。
金木犀今頃でしたでしょうか盛んに香ってきてますが。

クロザキは蕾が上がった順から咲くようですがアキザキは
ある程度花柄が伸びてからほぼ一緒に咲くのかな~。
中々咲いてくれませんね、今、実生実験中なので咲いたら
添付したいです、観て下さい(又赤っ恥かも)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホトトギス | トップページ | いろいろな種子 »