« イネ科植物の観察 | トップページ | 浮島ヶ原自然公園① »

2019年10月11日 (金)

エンシュウハグマ

昨年の春、友人にエンシュウハグマの自生地を教えてもらいました。花期ではないため、葉の観察だけでしたが・・。そして、今年の春に家族と行った別のところで、そっくりな葉の植物を見付けました。それがずっと気になっていました。義母の家に行ったついでに、思い切って覗きに行ってみました。

enhg1-10 enhg1-2

蜘蛛の巣に悩まされながら、記憶を辿ってその場所へ向かいました。「やっぱり、エンシュウハグマだった!」まだ、右の株だけしか咲いていませんでした。

enhg1-8 enhg1-7

咲いていて良かった!葉の変異が、多い植物のようですね。葉に切れ込みの無い、マルバエンシュウハグマという品種もあるそうです。

Enhg1-4Enhg1-11

接写してみました。キッコウハグマと同じくらいの花序と花のサイズですが、花冠の裂片が螺旋状になっています。面白い花ですね。

enhg1-1 enhg1-9

新しい花と、少し古い花を比較してみました。新しい花は柱頭に覆いがあるように見えます。古い花は、柱頭が2裂して反り返っています。キキョウ科の植物と同じように、雄性先熟ではないでしょうか?それと、キッコウハグマは、場所によって閉鎖花が多く、殆ど花を咲かせない個体があります。エンシュウハグマは、どうでしょう?

エンシュウハグマは、静岡県と愛知県に分布します。杉野孝雄先生の「静岡県産希少植物図鑑」によると、県中西部は多く、また伊豆天城でも確認(個体数は少ないようですが)されているそうです。でも、富士市では確認されておりません。

« イネ科植物の観察 | トップページ | 浮島ヶ原自然公園① »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

かるがもさん、今日は。

富士川以西では、東部で見られない植物が、いろいろあって興味深いです。
別の場所で、葉を教えてもらわなければ、素通りしていたかもしれません。
「頭花は、3個の筒状花からなり・・」キッコウハグマと同じですね。
杉野先生の図鑑によると、花が濃紅紫色の、ムラサキエンシュウハグマもあるそうです。

このブログは、容量がいっぱいになるまで、一日一記事を目標に頑張りたいと思います。
懲りずに見て頂けると嬉しいです。

やまぶどうさん

エンシュウハグマ出会えてよかったですね
私が住む(愛知県)では何ヶ所か見られますよ群生してる所も
この花は3つの花が集まり風車の様な花を形成してるようです

葉に切れ込みが無い「マルバエンシュウハグマ」が有るとは知りませんでした
今度行った時にでも観察してみます

毎日…植物観察し更新され凄いです
珍しい野草も不気味なキノコも楽しみに拝見させて頂いてます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イネ科植物の観察 | トップページ | 浮島ヶ原自然公園① »