« プテロスティリス・オブツサ | トップページ | スギ林に生えるアキザキヤツシロラン »

2019年10月15日 (火)

ホトトギス

今日も、昨日と同じような天気でした。ある報告書の整理と、サワトラノオの残りの植え替えを行いました。生育の遅い苗は、来年の植え替えにしようと思ったのですが、予想より早く成長しておしくらまんじゅうをしていましたので・・。特に問題が無ければ、このまま開花を目指そうと思っています。

apa150574 apa150572

ホトトギスの花が咲き出しました。ホトトギスは、花の色や斑紋などに変異の多い植物だと思います。この写真が、一般的に見られる花です。

apa150617 apa150612

こちらは、花弁の斑紋の色が濃いですね。

apa150620 apa150621

こちらは、ベタ部分が多くなっています。

apa150623 apa150625

こちらは更に濃いタイプです。基部辺りまで、ベタですね。

a1017 a184

こちらは斑紋の無いタイプで、どちらも愛鷹山系で撮りました。左は葯の色や花弁の基部に、一般的な花の名残があります。右は葯まで白く、花弁の基部に黄色があるだけです。品種のシロホトトギスでしょうか?花の変異は実生で引き継がれるようで、付近に似た花を見る事があります。

« プテロスティリス・オブツサ | トップページ | スギ林に生えるアキザキヤツシロラン »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

ルリタテハさん、今晩は。
本当に、急に寒くなりましたね。
萌の朝散歩も、億劫になって来ました。

ホトトギスは、実生で庭の彼方此方に繁殖しています。
丈夫な植物で、花も変異があって面白いですね。
挿木にすると、短い丈で花を咲かすと聞いた事があります。

スルガジョウロの自生地辺りは、かなり寒くなって来たと思います。
そう言えば、数年その辺りに行っておりません。
また行ってみようと思います。

こんにたは
早朝寒くなりなりましたね。
早朝散歩、おっくうになりました。

ホトトギス良いですね、色んな種類を植えて置くと
勝手に交配して色変わりが出ています。ところが
黒い毛虫に丸坊主にされましたが咲いてます。
この黒い毛虫、ルリタテハの幼虫だそうですが
飛んでる姿見ませんね。綺麗な蝶なのですがです。

此方にはサガミジョウロウがありますが
そちらにはスルガジョウロウありますよね、こちらは
もう終わったでしょうか。実生出来ますね、これも。
面白いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プテロスティリス・オブツサ | トップページ | スギ林に生えるアキザキヤツシロラン »