2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ナンバンギセル | トップページ | ミズアオイ再び »

2019年9月 3日 (火)

ヒメミヤマウズラとその仲間

ミヤマウズラは比較的低山に生えますが、ヒメミヤマウズラは亜高山帯の針葉樹林に生えます。「ヒメ」の名がつく通りとても小さな葉の野生ランです。

ak441 ap9020249

葉には、綺麗な斑が入っています。見歩くと、個体毎に微妙な違いがあります。

ap9020258l ap9020259

小さな花ですが、苔むす林床では意外と目を惹きます。

ap9020247 ap9020254

萼片や花弁、花茎にも細かい毛が生えています。背景様に、黒いスポンジを持って行けば良かった・・。

ap9020211 ap9020212

かなり画質が落ちますが、デジタルズーム併用で接写してみました。細かい毛は、腺毛のように見えます。

ap8240330 ap8240341

少し前にも登場しましたが・・。こちらが、低山に生えるミヤマウズラの花です。並べて見ると、かなり違いますね。

少し気になっているものを掲載します。

ap8200046 ap8200048

こちらは、標高1,200mくらいの所で見付けました。上のように花が接近しておらず、離れています。今年も咲いていたら、また掲載します。

A1567504433

左が、低山で普通に見られるミヤマウズラの葉です。
右は、標高2,000mを超す針葉樹林で見付けました。最初は、ミヤマウズラかと思ったのですが、一緒に写っているコメツガやカラマツの葉と比べて分かるようにとても小さな葉です。でも、他地域で見るヒメミヤマウズラのように、斑が目立ちません。

A1567504506

こちらも、標高2,000mを超す針葉樹林内で見付けました。花茎が上がっていますが、タイミングが合わずまだ花を見た事がありません。上右とこちらの個体が生えていたのは比較的近い林ですが、このエリアでは斑の綺麗なヒメミヤマウズラは見当たりませんでした。

« ナンバンギセル | トップページ | ミズアオイ再び »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナンバンギセル | トップページ | ミズアオイ再び »