2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 花に集る虫 | トップページ | ツリシュスラン »

2019年8月20日 (火)

トンボソウ

今日も「天気予報コム」の一時間予報が大当たりでした。萌の夕散歩を、早めにしておいて良かった!

ツレサギソウ属の野生ランは、似たものが多くて迷ってしまいます。我が家の近くで見る事の出来るものに、オオバノトンボソウ(ノヤマトンボ)とトンボソウがあります。この日は、少し標高の高いところでトンボソウに出会いました。

zp8170012 zp8170015

薄暗いところが好きなようで、スギやヒノキ林の下草の中で見る事が多い野生ランです。老眼には辛い、とても小さな花なので、フラッシュを暗めに調整して撮ってみました。

zp8170019 zp8091011

隣に生えていたものと別のところで撮ったものです。どこで撮っても、上手く撮れません・・。

zp8170018 zp8170021

花を接写してみました。T字形の唇弁が特徴です。目のように見えるのは葯(花粉袋)です。

zp8091018 zp8091057

別のところで撮った花も掲載します。和名の由来は、花の姿をトンボに見立てたそうです。この小さな花からトンボを連想する想像力は、私にはありません。

トンボソウは、まとまって生えている事が多く、実生発芽したものかと思っていたら、「地中の根から不定芽を出して繁殖する」とあります。

ラン科ツレサギソウ属トンボソウ(Platanthera ussuriensis (Regel et Maack) Maxim.)。「トンボソウ属(Tulotis)とされる事が多かったが、DNA情報を用いた解析の結果、ツレサギソウ属に含める事が適当」とあります。日本のランハンドブック、Ylist共に前記を標準学名としています。

« 花に集る虫 | トップページ | ツリシュスラン »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花に集る虫 | トップページ | ツリシュスラン »