2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アリドオシラン | トップページ | 庭に咲く花 »

2019年8月 7日 (水)

オオバナオオヤマサギソウ

今日は、市内各所のお墓参りに行って来ました。一番標高の高い所にある森林墓苑も暑かった!

今日の記事は、富士山麓某所に生えるオオバナオオヤマサギソウです。数年前に見た時は、かなりな個体数があったのですが、開花株は殆ど採取されてしまいました。

aimg_6607 aimg_6609

辛うじて残った株が、二つ花を咲かせていました。

ap8050724 ap8050738

少しでも、残っていて本当に良かった!このまま、無事結実してくれれば、また子孫を残してくれると思います。

ap8050730 ap8050728

母種のオオヤマサギソウとの違いは、花の大きさなどだそうです。特にオオヤマサギソウの距は1.5~2cmで横に突き出るのに対して、オオバナオオヤマサギソウの距は3~4cmで下を向くそうです。以前測った時、2.5cmなんて微妙なものも見かけましたが・・。

ap8050733 ap8050732

花を接写してみました。

諸先輩のWebページでは、シカの食害により減少していると書かれています。確かに、それも大きな要因の一つだと思います。数年前の春に、この場所から姿を消したのを見た時、私もシカに食べられたと思いました。ところが、シカの食害なら食べ残した茎などの痕跡があるはずです。それも全然見当たりませんでした。しかも、他の下草に埋もれる様な小さな個体も姿を消していたのです。シカ対策だけでなく、人対策も重要な問題だと思います。

« アリドオシラン | トップページ | 庭に咲く花 »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アリドオシラン | トップページ | 庭に咲く花 »