2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ヤクシマヒメアリドオシラン | トップページ | 変形菌とキノコ »

2019年8月 3日 (土)

ヒナノシャクジョウ

静岡は暑かった!義母の家で、庭木の剪定や植え替えを行いました。汗が目に入り、幾度もタオルで拭いました。予定中半で挫折して、エアコンの効いた部屋でビールで水分補給しました。

Xp7310265

ヤクシマヒメアリドオシランの分布域を調査に行った時、ヒナノシャクジョウの様子を見て来ました。最初の場所では、まだ姿を現したばかりの個体もありました。集っているのは、ダニだろうか?

X1564820869

蕾の先端部が褐色に変色していませんから、まだ開花前です。こういう新鮮な個体に出会う事は、比較的稀です。

xp7310260 xp7310266

こちらもまだ開花前で、右の先端部が黄色味を帯びているのが、最初に咲く花です。

Xp7310204

少し標高の低い二番目の場所では、かなり開花が進んでいました。先端が褐色になっているのは、咲き終わった花です。左に、1個咲いています。花は一気に咲かないで、1~2個ずつ咲いて行きます。

xp7310207 xp8020061

左は1個、右には2個咲いています。2個同時に咲いているのは、あまり見かけません。

Bp8020147Bp8020145

花を接写、デジタルズームしてみました。

ヒナノシャクジョウは、光合成を行わない菌従属栄養植物(腐生植物)です。専門家の研究によって、アーバスキュラー菌根菌と共生する事が明らかになっているそうです。この菌は、光合成をする植物から養分(炭素源)を得て生活しているそうですから、三者共生をしている事になります。今迄、実生栽培実験をやって来た二者共生のヤツシロラン類よりも、更に難しい生き方をしている事になります。光合成をする植物は、大きくないとダメなのかな?

« ヤクシマヒメアリドオシラン | トップページ | 変形菌とキノコ »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

かるがもさん、今晩は。
小さな花を咲かせるヤクシマヒメアリドオシランは、数年前の冬に見つけました。
こちらでは珍しく、スギやヒノキの林内でも雪で白くなるくらい、良く降りました。
冬に行ったのは、理由あっての事ですが、そのおかげで沢山見付ける事が出来ました。
当初は、ハクウンランかと思っていたのlですが、花の写真を撮ったところ、どことなく違う事に気付きました。
そして、ブログに掲載してヤクシマヒメアリドオシランだと教えてもらいました。
中旬~下旬くらいまでは、花を見る事が出来ると思います。


やまぶどうさん

連日の暑さには参りますよね~
そんな中でもお仕事をしながら「ランの分布調査」お疲れ様です

ヒナノシャクジョウはこちらでも見る事ができますが
↓の小さな可愛いラン達は出会えず羨ましいです
熱中症に気を付けてお出かけくださいねっ!!

うふっ!! 水分補給は冷えたビールですか~笑
暑い時の一杯はたまらなく美味しいですよね~同じぃ~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤクシマヒメアリドオシラン | トップページ | 変形菌とキノコ »