« 木に登ったジガバチソウ | トップページ | ハコネラン »

2019年7月 9日 (火)

ヤマトキソウ再び

もう遅いだろうと思いつつ、十数年ぶりに再会したヤマトキソウの様子を見に行って来ました。

Ap7080435 Ap7080428 Ap7080413

「やっぱり遅かったか・・。」前回出会ったのは右端ですが、花弁や萼片が落ちて花柄子房が膨らみ始めていました。この日は時間の余裕もあったため、センサー感度を上げて探しました。未開花株も含めて、予想外の個体数を確認する事が出来ました。
そして・・。

A1 A6

予期せぬ嬉しい出会いでした。この場所には、9本の開花株と数本の子株が生えていました。

b2 b1

ヤマトキソウの解説に「花は直立し、ほとんど開かず」とあります。

b5 b8

このくらいが限界のようです。地域で見る事が出来て本当に良かった!ほとんど開かず目立たない花色が、自身の身を守っているようです。

ラン科トキソウ属ヤマトキソウ(Pogonia minor (Makino) Makino)。

静岡県では、絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されています。

« 木に登ったジガバチソウ | トップページ | ハコネラン »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木に登ったジガバチソウ | トップページ | ハコネラン »