他のブログ・HP

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索サイト

無料ブログはココログ

« シオデの花 | トップページ | ヤマトキソウ再び »

木に登ったジガバチソウ

ジガバチソウやクモキリソウは、一般的に地面に生えます。でも、稀に樹上に居候する変わり者もいます。

aimg_6142 aimg_6147

初めてこの野生ランを見た時は、花が終っていました。エリアからして、フガクスズムシだと思っていました。そして翌年の花期に再訪して良く見ると、フガクスズムシではありませんでした。
フガクに似て木に登るクモキリソウ属(Liparis)・・静岡県でも自生が確認されている超希少種が脳裏に浮かびました。ドキドキしながら、コンデジを持った腕を伸ばして感撮りしてみました。プレビューで見たそれは、残念ながらクモイジガバチではなく普通のジガバチソウでした。

aimg_6149 ap7080330

通常、フガクスズムシはもっと高い所に着生しています。これは、爪先立ちして届きそうなくらいの場所です。もう少し低ければ接写出来るのですが・・。

Ap7080331

片手持ち感撮りです。唇弁の裾が、広がっていたら良かったのに・・。

aimg_6165 aimg_6170

こちらは別の場所・・ミズナラに着生していました。少し個体数が減ったかな?

A1562577968
A1562578065

ジガバチソウは花の変異が多く、同じ場所でも個体毎に様々です。クモキリソウ属(Liparis)は、どれもそうですね。

今日は、先方の手順間違いでみんな振り回されてしまいました。私の現役時代とは別の職種ですが、手順や段取りはどんな職種でも一番大事だと思います。

« シオデの花 | トップページ | ヤマトキソウ再び »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

アウトライダーさん、今晩は。
コンデジなので、あまり小さいものはレンズを向けてもピントが合いません。
TG-4を顕微鏡モードにして少し倍率を上げて近づけると、ある程度の大きさのものはピントの合う事があります。
感と運です( ´艸`)。

「片手持ちの感撮りです」
「片手持ちの感撮り」で、なんで、ど真ん中にピントぴったりで撮れるのでしょうか。
私には、マジックとかいいようがありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シオデの花 | トップページ | ヤマトキソウ再び »