他のブログ・HP

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索サイト

無料ブログはココログ

« サワトラノオ観察記④ | トップページ | アオフタバランとタカネフタバラン »

トサノクロムヨウラン

エンシュウムヨウランの花が終わり、棒のような果実が姿を現し始めた頃、花茎を伸ばし始めるムヨウラン類があります。近くに行ったついでに、様子を見て来ました。

ap6190017 ap6190016

短いのも入れて、4本の花茎が確認出来ました。無事、開花に至ってほしいものです。

a1560935068 ap6061562

上の蕾を、ズームして見ました。右は、昨年の写真です。初めて見た薄青緑の茎に感動しました。

ap7011206 ap7011209

こちらは、昨年の7月上旬・・一番下の蕾が、開花間近を予感させてくれました。

atskm3 atskm2

そして、7月中半に撮った一番目の花です。全開状態を撮りたかったのですが・・。どうも、この花は午前中に咲き、午後は萼片や花弁が閉じるらしい・・。今年は、リベンジしたいと思います。この場所の場合、撮影適期は7月下旬くらいかな?

※午後に閉じる事は無いそうです。開花情報を聞いてから見に行ったので、この花は終盤を迎えていたのかも知れません。

« サワトラノオ観察記④ | トップページ | アオフタバランとタカネフタバラン »

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

TZさん、今晩は。
クロヤツシロランの開花、おめでとうございます。
管理が良かったので、自然界よりずっと早い!
次は、アキに挑戦ですね。

なるほどです、日光を取り込むことも要注意ですね・・・
アドバイスを再度頂き、ありがとうございます。

本日、一番花が開花にしました!
先駆者の方々に、感謝申し上げます。

TZさん、今晩は。
あまり日を当てすぎると、シダの仲間などが繁茂してくることがありますので要注意です。
照度を落とし過ぎると、私のヒメヤツシロランのように、ろくっくびみたいな花茎になってしまいますが・・。
開花が楽しみですね。

栽培ボックスを改良して、日光を取り込んだので・・・
自生地と同じ日焼けしたクロが、明日にも開花しそうです???
楽しみです。

TZさま、今日は。
この時期に咲くと、師匠も特に喜んでくれると思います。
自生地よりも、ずっと色白の箱入り娘が咲きます。
楽しみですね。

やまぶどう様
アドバイス、ありがとうございます。
皆様のブログを参照してチャレンジしてます。
お陰様で、クロの蕾は順調です。
あと、一週間くらいで開花しそうです!
会員登録が必要ですが・・・ こちらのサイトで観察記録を公開しています↓
https://www.yamareco.com/modules/diary/40709

TZさん、お早うございます。
有難うございます。
全開の情報をもらって、直ぐに見に行ったのですが・・。
花が終盤だったのかも知れませんね。
少し離れた場所なので、タイミングが難しいです。

今の時点で、クロの蕾ですか?
かなり、温湿度の管理が良かったようですね。
最初の時、一番目に伸びて来た花茎が萎れてしまいました。
温度が高すぎたのかと思い、置場を移動して常温に戻しました。
その一月後に、次の花が咲きました。

実は、ブログに未登場の南国のヤツシロランの花茎2本が、1cmくらい伸びた時点で成長が止まり腐ってしまいました。
アキにも同様の事があり、菌糸不足が原因だと思っていました。
師匠の栽培されていたハルの花茎も、同様だったと聞き、もしかしたら違う原因かもしれないと考えています。
とても大きな塊茎になるくらいですから、菌糸不足とは考え難いので・・。

クロの開花情報を楽しみにしております。

こちらでは、トサノクロムヨウランは日光が当たると 開き始めて・・・
午後になっても、閉じることはありません。
但し、花が終盤になると 閉じてきますよ!

只今、クロ栽培で蕾を観察中です・・・
TZ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サワトラノオ観察記④ | トップページ | アオフタバランとタカネフタバラン »