他のブログ・HP

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索サイト

無料ブログはココログ

« トリガタハンショウヅルとハンショウヅル | トップページ | 第一回「滝川の土手普請」 »

ミヤマザクラ

山間部とはいえ、やけに冷えます。深山の植物達は、大丈夫だろうか?今日の記事は、亜高山帯低域で見たミヤマザクラです。

Aimg_5749

「あの白い花は何だろう?」ちょっと手の届く高さではありません。

aimg_5746 Ap6140295

ズームして見ると、ミヤマザクラのようです。花だけ見ると何だろうと迷うけど、葉を見るとサクラの仲間だと思えます。葉の縁には、欠刻状の重鋸歯があります。

amiyama1 amiyama2

一番下の枝を引き寄せ、コンデジで撮ってみました。一般的に、桜の仲間は花が下向きに咲きますが、ミヤマザクラは上向きに咲きます。総状花序(柄のある小花が長い円錐形または円柱形に並び、下から咲いていく)である事や、展葉してから花が咲くのも、他種と違うところだそうです。

バラ科サクラ属ミヤマザクラ(Cerasus maximowiczii (Rupr.) Kom.)。

ついでに、隣に咲いていた花も掲載します。

Aimg_5732l

まだ、アオダモの花が見られました。雌雄異株ですが、この写真では区別出来ません。アラゲアオダモ、ヤマトアオダモ、マルバアオダモ、ミヤマアオダモなどがあるそうですが、自生していた場所と葉の縁に鋸歯がある事などから、ミヤマアオダモでしょうか?
ところで、どうしてアオダモなんでしょう?調べてみると、「雨が降ると樹皮が緑青色になり、樹液が青色の塗料になる事から」名付けられたそうです。

« トリガタハンショウヅルとハンショウヅル | トップページ | 第一回「滝川の土手普請」 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トリガタハンショウヅルとハンショウヅル | トップページ | 第一回「滝川の土手普請」 »