« ミクニテンナンショウ | トップページ | 変形菌それともキノコ? »

2019年6月12日 (水)

オオミネテンナンショウ

ミクニテンナンショウの自生地より、もう少し標高の高いところで、新たなテンナンショウ属を見付けました。

ximg_5047 ximg_4992

こんなテンナンショウ属です。オオミネテンナンショウと教えて頂きました。オオミネテンナンショウの特徴として、ユモトマムシグサと似ているが、全体に小型で仏炎苞は紫褐色、時に淡緑色を混じえて小さく、付属体は紫褐色の班があり、棒状で直径1.5〜4mm。花が先に開き、後に展葉する。花が先か展葉が先かも、同定の大切なポイントだそうです。

ximg_5049 xp6030542

葉は1〜2個、基本的に小葉は5(〜7)枚で全縁または不揃いの鋸歯がある。

xp6030519 xp6030523

仏炎苞を捲ったものと、横顔です。

xp6030520 xp6030522

棍棒のような付属体に、はっきりしたムラサキの斑が入っています。

xp6030535 xp6030534

別の花も撮ってみました。

xp6030537 xp6030538

素人目に見て、この植物の難しいところは、仏炎苞や付属体の形、そして色などに変異が多い事です。オオミネテンナンショウも、富士山周辺の産地は最近見つかったばかりで、まだ図鑑に記載されていないそうです。これらの写真は、富士宮市域で撮影しましたが、富士市域でも確認出来ましたので、こちらも富士市植物仮目録に追記したいと思います。

サトイモ科テンナンショウ属オオミネテンナンショウ(Arisaema nikoense Nakai subsp. australe (M.Hotta) Seriz.)。

« ミクニテンナンショウ | トップページ | 変形菌それともキノコ? »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミクニテンナンショウ | トップページ | 変形菌それともキノコ? »