« 不明な植物⇒マメガキ | トップページ | ズダヤクシュ »

2019年6月 3日 (月)

イチヨウラン

時間のある時に、テンナンショウ属を追いかけています。低山では咲き終わりましたが、標高1,000mくらいから上では、まだ(仏炎苞の萎れていない)花を見る事が出来ます。その足で、亜高山帯低域まで行ってみました。こちらでは、テンナンショウ属は花盛りでした。今日の記事は、その時見たイチヨウランを掲載します。

Ap6030586

私が、イチヨウランを観察する場所は幾つかありますが、毎年不安な気持ちで訪れています。この野生ランも、悪い小父さんの誘拐対象になっているばかりか、シカの食害にも遭っているからです。イチヨウランは、晩秋の葉の更新時期を除いて、その名の通り肉厚の一枚葉を持ちます。

ap6030578 ap6030580

針葉樹林の林床に佇む姿を見ると、安心するとともにとても癒されます。私は、この花のように側花弁が下を向いている花が好きです。

aimg_5071 ap6030603

横顔です。唇弁の裏側側面に、目玉のような斑紋があります。

ap6030582 ap6030595

側花弁と背萼片が立ち上がって、誇らしげな印象の花です。開花が進むと、こうなるものが多いですが、この野生ランの雰囲気に合っていないと個人的には思っています。

ap6030601 ap6030605

花を見比べると、唇弁の形や斑紋などに変異があります。亜高山帯高域で見る花は、ずっと丈が短く萼片や側花弁が垂れて、俯き加減に咲きます。また、斑紋も薄目の花が多いように思います。

この日は、昨年ある程度の開花株を確認した辺りで、全然花を見る事が出来ませんでした。花径が伸び始めた頃に降った雪の影響か、それともシカの食害か、或いは悪い小父さんに見つかってしまったのか?それ以外にも、この野生ランは続けて花を咲かせない事があると思っています。地域に生える希少植物の無事を願いながら、薄暗い林床を後にしました。

« 不明な植物⇒マメガキ | トップページ | ズダヤクシュ »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

やまんばさん、今晩は。
コメントありがとうございました。
私の探索エリアでは、群生しても数株程度です。
ただ、亜高山帯高域に生える小型のタイプは、数十株群生している場所を1ヶ所だけ知っています。
秋にキノコを探しに行って、黄色く変色した葉の一群を見付けました。

最近は、希少植物ばかりを追い求めるのに、あまり魅力を感じなくなって来ました。
身近な植物にも、それを超える不思議が潜んでいる事を知ったからです。
今後は、地域に生える希少種の様子見くらいになると思います。

その昔、横尾から蝶ケ岳に向かったおり
イチヨウランの大株を見ました。
忘れられない思い出です。6月は貴重種
が拝めるので良いですね。

春夏秋冬365様、お早うございます。
たいへん、お久しぶりです。
お元気そうで安心しました。

例年は、他の植物が伸びだす前(初春)に葉の確認に行っているのですが、最近ちょっと出不精になって来ました。
今年は、花芽が伸びだす頃に、亜高山帯低域でも雪が降りました。
そのせいか、この日見た花は、倒木に守られているような場所だけでした。
次回、この先へ様子を見に行こうと思っています。

懲りずに、拙いブログを見て頂き、有難うございます。
一日一記事を目標にしていますが、ネタ切れになるため小出し記事になっています。
また、いろいろ教えてください。

お久し振りです。と言っても毎日のように貴ブログを拝見させて頂いております。しかし、筆無精とキー無精からなかなかコメントが出来ないでいましたが、以前の書き込みから数年後の今、お久し振りとなりました。

ラン科の開花前線がいよいよ亜高山帯を登りだす!イチヨウランはその先駆けでしょうか。ヤマブドウさんがアップしたイチヨウランが今年の初見でした。イチヨウランはチッコイくせに写真にするとその森の主のように写るので好きな花です。下唇弁が昔のTVドラマ「コンバット」?に出演していた料理係役?の白髭ずらを思い出させてくれ、なかなか大好きな植物です。

日々の更新真にご苦労様ですが、今後の益々のご活躍を期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不明な植物⇒マメガキ | トップページ | ズダヤクシュ »