2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 樹海の林床で出会った植物 | トップページ | サワトラノオ観察記③ »

2019年5月24日 (金)

地域の林床に生える野生ラン

全国的に暑い一日だったようですね。静岡も暑かった!今日の記事は、地域の林内で見た野生ランの様子です。

ximg_4241 ximg_4245n

ギンランと上部をシカに食べられたキンランです。楕円内は、終盤を迎えたキンランの花です。黄色い花も、やがてこのような色になって散ります。以前、白花のキンランを見た事があります。その花は、蕾の時から黄色ではありませんでした。

ximg_4295 ap5190238""

左もキンランです。ここは、コナラなどの木から離れたところに生えています。ここで、キンランの共生菌に光合成産物を与えている樹種は何だろう?なんて思いながら見守っています。まさか、クサソテツ(コゴミ)なんて事は無いかな?右は、クモキリソウです。この付近では、今まで見た事がありませんでした。風神様の贈り物かもしれません。

ximg_4251 ximg_4278

こちらは、エンシュウムヨウランです。地域の落葉広葉樹林を探索すると、新たな場所でも見る事が出来ました。このような株立ちだけでなく、1~2本立ちのものも見受けられました。増えているのだと思います。
ラン科ムヨウラン属エンシュウムヨウラン(Lecanorchis suginoana (Tuyama) Seriz.)タイプ産地は、静岡県浜松市天竜区春野町です。

a1558680528 ap5081466

もう少しで咲き出すと思います。図鑑には「花は筒状で完全には開かない」とあります。何ヶ所かを見て歩くと、花が全開する事は稀で、殆どの場合先端部が少し開く程度です。結実率が良いのは、自動自家受粉するためです。右は、2週間以上前に見たトサノクロムヨウラン(Lecanorchis nigricans var. patipetala)です。撮影場所は、富士市内ではありませんが、参考のために掲載します。

« 樹海の林床で出会った植物 | トップページ | サワトラノオ観察記③ »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 樹海の林床で出会った植物 | トップページ | サワトラノオ観察記③ »