2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 富士市植物仮目録に未記載のテンナンショウ属 | トップページ | ヒメヤツシロラン二回目の花茎 »

2019年5月28日 (火)

ムギランの花

私が初めてムギランを見たのは、町内の鎮守の森でした。落下していたムギランを持ち帰り、イヌマキに縛り付けて置いたら無事活着しました。花は、同属のマメヅタランよりも更に小さく、手に触れるくらいの位置でないと撮影できません。

Ap5280217 Ap5280216

こちらは、昨年台風で倒壊した鎮守の森のアカシデです。一昨年、倒壊したタブノキにも、カヤランやヨウラクランと共に沢山着生していました。鎮守の森は、古木が多く着生ランの宝庫です。

Ap5280227 Ap5280216

左は、タブノキに着生していたものです。同じ木でも、着生位置により葉の大きさに違いがあります。花は、1~2個ずつ付きます。

久々に、ロールオーバーさせてみました。マウスを乗せたり外したりしてみてください(スマホは写真上でタップ、写真から外れてタップ)。目立たない花ですが、イヌマキに着生させたものを見ると、結実率は良い方だと思います。ポリネーターは、どんな虫だろう?

Ap5280224

花は、半開します。紅紫の花をつけるミヤマムギランが「静岡県以南」に自生するそうです。県中部と西部の記録があり、黄色い花をつける品種・・キバナミヤマムギランも西部で見つかっていると「静岡県産希少植物図鑑」に記載されていました。県内に生えるものなら探索に行きたいけど、東西155km、南北118kmは、年寄りの日帰り探索にはきつい!

« 富士市植物仮目録に未記載のテンナンショウ属 | トップページ | ヒメヤツシロラン二回目の花茎 »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

まず謝ります。ごめんなさい。私(老婆)はパソコンが分からないのに使ってます。
メールはyahooから送ったのですが送れませんと表示されました。
もうお手上げです。

一人でのんびり花逍遥の日々ですが最近はめっきり出掛けなくなりました。
世間で問題の老人の引きこもりかもしれません。(笑)

何時も一人で歩いてますので富士山の懐に飛び込む勇気がなく少しだけの徘徊で終わってます。此方では見れない花を見るのが楽しみです。図鑑で見るより本物を見るのが好きです。

河合様

お早うございます。
ムギランは、掲載した写真のように葉の長さなどがまちまちです。
自分は、日照にも関係していると思っています。
もしかしたら、manさんと一緒に歩かれてはおりませんか?
同じ植物名が並びましたので・・。
尚、コメントの入った時、メールアドレスがhotmailに記載されるのですが、ココログの改編で来なくなったようです。
私のhotmailは、下記の通りです。
yamabudou@hotmail.com

こんばんは~
確認してみましたが根茎に球茎がつき葉が付くそうですから
ムギランの様です。マメズタランも側にありましたが花は付いていませんでした。
花の写し方で開いて見えるかも知れませんね。
メール頂ければ参考資料としての写真送ります。

花好きな老婆ですが県内中部と西部でも植生が違います。ましてや富士山の周りには自然がいっぱいで迷子が怖くて限られた所でしか花見が出来ませんが楽しく訪問しております。
今年はタチカシワを見に行きアメリカスミレサイシンのスノープリンセスを見つけました。
どうしてこんな場所にと不思議に思いました。
植物は色々教えてくれますね(^^♪

河合様、今晩は。
コメント有難うございました。
「葉の根元が丸く、もう少し開く」・・もしかしたら、マメヅタランではありませんか?
ランハンドブックにも、ムギランの解説に「花は半開する」とあります。
ただ、マメヅタランは花が1個だったと思います・・。
マメヅタランも撮りましたが、遠くて上手く撮れませんでした☟。
http://asitaka-yamabudou.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-57c7.html
西部には、こちらに無い植物がいろいろあって興味深いです。
杉野孝雄先生の「静岡県産希少植物図鑑」を見ながら思うばかりです。

こんにちは~ 県内西部に住んでます。
私がムギランと思っているのはもっと葉の根元が丸いですが違いますか?
花は2個咲きます。色はお写真と同じ色です。
でももう少し開くような気がします。

何時も楽しく拝見してます。時には体力もないのに富士方面に花散策に出掛けてます。
県内西部は遠くないですよ。 お出掛けください(^^♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士市植物仮目録に未記載のテンナンショウ属 | トップページ | ヒメヤツシロラン二回目の花茎 »