2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 甲斐犬姉弟12回目の誕生日 | トップページ | プテロスティリスの塊茎 »

2019年5月31日 (金)

コンニャクの花

再生畑②にコンニャク芋を植えました。コンニャクの花ももう終わりだろうと思っていたら、咲き残っていたので撮ってみました。

ap5280035 ap5280037

不気味でしょ?同じくサトイモ科のテンナンショウ属と似たところもありますが、仏炎苞から付属体が飛び出しています。そして、とても変な臭いがします。

ap5280040 ap5280042

花の中を撮ってみました。上の白っぽい部分が雌花で、下が雄花かと思ったら逆でした。

ap5280048 ap5280046

ズームして見ました。左が雄花で、右が雌花です。コンニャクは、未開花株が芽を出す前に、開花株の花径が伸びて花が咲きます。花が咲くと枯れるそうですが、塊茎が枯れるのかは自分で確認した事がありません。花が終盤を迎えた頃、未開花株の茎が伸びて来て展葉します。栄養繁殖もしますが、実生の発芽率も良く、昨年再生畑①に撒いたところ沢山の苗が姿を現しました。

※今日の夕方は、会合がありますので、コメント返しは帰宅後にさせて頂きます。

« 甲斐犬姉弟12回目の誕生日 | トップページ | プテロスティリスの塊茎 »

果樹野菜」カテゴリの記事

コメント

河合さん、お早うございます。
コンニャクは、実生以外に栄養繁殖もします。
数年経つと、周辺にかなり増えて来ます。
我が家では、毎年何本か花をつけますが、何年で咲くのか分かりません。
ただ、大きな芋を移植したりすると花を見る事が多いので、年数以外にも環境の変化で子孫を残そうとするのかもしれません。
資料見てみます。

もこままさん、お早うございます。
コンニャクは、マムシグサなどと同じサトイモ科になります。
マムシグサは、雌雄異株で、花の中を覗くと違いが分かりますが、コンニャクは一緒ですね。
臭いは、ハッカクレンと競い合うくらいで、草取りの時辛いです。

旦那さん、本格的にやる気になったようですね。
こちらは一人なので、草取りばかりしています。
達成感はありますが、直ぐに生えてくるので嫌になります。

今年は縁があり私もコンニャク芋の花を見に行ってきました。
3年芋位までで食したり出荷したりで花はなかなか見れないのです。
5年位で花が咲くそうですが本当でしょうか(・・?

やっと頑張って資料送りました。届くと良いのですが……

こんばんは。
私が好きなコンニャク芋の花^^;;;
やまぶどうさんほどしっかり観察したことはないのですが
 花の時期は花粉症で 臭いの観察も無理でした^^;
コンニャク芋の花にも 雄花と雌花があるのですね(当然のことかも知れませんけど^^;)
昨年菜園で咲いた花が 今年はどうなっているのか未確認で
 今年の菜園は夫が全面的に管理し 今日コンニャク芋の跡地を見たら
 支柱置き場になっていたので 発芽の余地は無さそうです(><)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 甲斐犬姉弟12回目の誕生日 | トップページ | プテロスティリスの塊茎 »