他のブログ・HP

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 再生畑①(4月上旬) | トップページ | サワトラノオ観察記① »

マメ科の花

野原で勢力争いをしている、マメ科の植物を撮ってみました。

【ヤハズエンドウ/カラスノエンドウ】

A1554802246

花はエンドウマメと似ていますが、花柄がとても短い・・。地域では、カラスノエンドウと呼ぶ人が多いと思いますが、Ylistでは、ヤハズエンドウを標準和名としています。

A1554802308

白花もあります。

Ap4090581

良く見比べると、花弁の形も様々です。

【カスマグサ】

A1554802370

ヤハズエンドウに比べると、ずっと小さな花です。

Ap4090621

でも、接写拡大して見ると、とても綺麗な花だと思います。

【スズメノエンドウ】

Ap4090624

カスマグサより、更に小さな花をつけます。

Ap4090635

カスマグサとスズメノエンドウは、とても良く似ています。花で区別するのが一番分かり易いと思いますが、葉先の巻きヒゲにも違いがあります。左はカスマグサで、右がスズメノエンドウです。ヤハズエンドウとスズメノエンドウは枝分かれしますが、カスマグサは枝分かれしません。その他、果実や小葉にも違いがあります。

カスマグサは、ヤハズエンドウ(ラスノエンドウ)とズメノエンドウの中の大きさという事で、この名が付けられたそうです。←師匠の受け売りです。和名の由来を聞くと、首をかしげたくなるようなものが結構ありますね。

エンドウはエンドウ属ですが、ここに掲載した3種はどれもソラマメ属に分類されています。ヤハズソラマメ(カラスノソラマメ)、スズメノソラマメとなっても、カスマグサは同じですね。

« 再生畑①(4月上旬) | トップページ | サワトラノオ観察記① »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再生畑①(4月上旬) | トップページ | サワトラノオ観察記① »